<< ありがとう、ハル(松本東洋)さん | main | 2/23~25 神奈川での個人セッションのお知らせ >>
別れの曲を謳う 

 

こんにちは。 まゆんです。

 

ハルさんのことで今朝、

「なんだか出来過ぎだな〜」と思うことがありました。

 

 

いつものように、YouTubeでこの曲を聴きながら、

きのうの記事をもう一度見直していました。

 

 

次にかかったのはショパンでした。⇒(世界一美しい曲)

 

 

 

 「別れの曲か。

  いつもは次に違う曲がかかっていたと

  思うのだけど・・・

  ハルさんのこととリンクしてるのかな?」

 

 

 

見直しが終わり、ブログのページを閉じて目を上げる頃には、

曲の最後に差し掛かかっていました。

 

画面には、ショパンの最後を人々が取り囲んでいる絵の上に、

 

『死の床で弟子たちが歌う別れの曲』

 

とテロップが入ってました。

 

 

弟子って・・・出来すぎでしょう!!

と言うか、ハルさんのいたずら?

 

 

彼は、言葉の魔法使いでした。

声自体も良かったし、とても真似できない言葉の使い方をする師匠でした。


 

深みと温かさのある声

誘導の間合い

要らないものを削ぎ落とした、シンプルで自然な質問

さじ加減など

 

 

ハルさんはセラピストと言うより、

『素晴らしいヒプノインタビュアー(潜在意識へのインタビュアー)』

だったと私は思います。

 

優れたインタビュアーだからこそ、クライアントさん自身の奥深くから、

真実なるもの が引き出され、結果、癒し がもたらされる。

 

これも、私には見習うべきスタンスです。

 

あはは。

褒めすぎでしょうか?

彼の失敗(?)さえ、すごく勉強になるのです。

 

ヒプノを学ぶ前に彼から受けたセッションも、貴重な授業でした。

当時録音したカセットテープは、今でも宝物です。

 

改めて合掌・・・です。

 

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

| ありがとう | 17:10 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH