<< 図書館通い | main | 花をたずねて西へ >>
「花。 花です。」   


書きたいことやUPしたい写真がたまってしまいました。

横浜では楽しく仕事をさせていただ後、京都に戻ってきてからはちょっと落ち込んだり、とり直したりしていました。
そのうち気になることも出来てきて、友人にヒプノを受ける夢を見たので、これはセッションをしてもらいなさいということだと思い、早速お願いしました。

セッションを受けると、いつものように
「無意識の中では、そんなことが起こってたのか・・・」
と、今の状態になっているのか理解でき、気になる根本原因が
「自分に対して、できていることよりもできてないことを大きく重く見ている」
ためだというのもわかりました。
他の部分はずいぶんいい感じになってきたけれど、この部分はなかなか根強いです。
気をつけるようにはしてるんですが・・・ショボン。

理解はできたけれど、じゃあどうしたらそれをなくすことができるのだろう?

潜在意識に尋ねてもらうと、左側に何やらぼんやりとイメージが浮かんできました。

ゾウのような・・・
頭の後ろは丸い感じで・・・
(わたしはイメージがあまり映像でハッキリとは浮かばないタイプです)

どこかで見覚えがあると思ったら、うちんちの台所にあるガネーシャさんではないですか?



ガネ―シャ) 「パオ〜ン」

わたしたちも笑って「こんにちは。」と挨拶しました。

友人) 「この傾向を、どうしたら直せますか?」

問いかけてもらうと、左側にばらのような大きな花のイメージが浮かびました。
(潜在意識はこのように、言葉でなくイメージで教えてくれることも多いです)

ガネーシャさんのいわんとしていることがイメージで伝えられ、わたしの口から言葉となって出てきました。

ガネーシャ) 「花。 花です。 あなたは花の人なのです。」

自分を本来のいい状態(エネルギー)にするのに、わたしには花が一番みたいです。
確かに、わたしは花が大好きです。

ガネ―シャ) 「咲いている花を見て微笑むとき、

           自分自身が咲いていくのです。」

その時、わたしは言葉を口にしながら「笑顔になっていくわたし」を客観的に映像イメージで見つつ、「自分という花が開いていく、自分の状態が変化していく」内面の感覚を同時に体験しました。

たぶんそれは、いつも花を見て笑顔になる時に起こっているのだろう、と思います。
内面で起こっていることを、よりはっきり実感できた。 そんな感じです。

家の庭は生け垣があって和風なので、それに合うような花を植えようと考えていましたが、

ガネ―シャ) 「庭に合わせようとせず、好きな花を植えなさい。 
         コンテナに植えてもいいのです。」


と、映像で教えてくれました。

最後に「Happy になりなさい。」と、言ってくださいました。

なんとなく飾っておいたガネ―シャ。
ただの置物ではなく(スミマセン)、いつも見守ってくれてたのですね〜  
ありがたいです。

わかりました。  花にまい進していきます!!

 

| 催眠とわたし | 17:07 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH