<< 直観(感)について  〜その2〜 | main | 6/17・18 横浜での個人ヒプノセッションのお知らせ >>
6/17、東京での公開ヒプノは「インナードクターに会う」です
 
6月の東京恵比寿での公開ヒプノは、17日月曜日になります。
今回は金曜日でなくて、ごめんなさい
内容は「インナードクターに会う」催眠誘導を行います。
このテーマや催眠に興味のある方は、ぜひお越しください。

インナードクター、訳すと「内なるお医者さん」です。
あなたの心と体について、誰よりも知っていて、アドバイスをくれる存在。
ハイアーセルフに近い存在といえます。
時には、セッションの中でヒーリングを受けることもあります。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  <6月17
日(月) 公開ヒプノ「インナードクターに会う」>
  
 
内容: 人間やヒプノの可能性についてのはなし・臨床例
    参加者の方のデモンストレーション、Q&A
    時間があれば、みなさんへのミニ誘導
場所: 恵比寿 備屋珈琲店2Fレセプションルーム( イースト)
          日比谷線恵比寿駅より徒歩4分、JR恵比寿駅より徒歩3分
時間: 午後1:30〜4:20 (受付 1:20より)
定員: 10人まで
参加費:1ドリンクつき   5000円 
    当日、受付でお支払い下さい。
    ※コース修了生、申し込み済みの方は割引料金になります。
道順: JR恵比寿駅からは2階の東口から、南(ガーデンプレイス)にむかう
    階段を下り、そのまま進むと左に見えてきます。
    わかりやすいようで、わかりにくいのでもし迷われたら備屋さんまで。
    (筍3-5488−1651)

このシリーズについての詳細は、こちらをご覧ください。

お問い合わせ・お申込み先は、uni☆dreamhypno.jpまで。
(発信時は☆を@に換えてください)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう少し詳しく書いてみますネ。

イメージは人それぞれです。
近代的な病院の白衣のお医者さんに、診察してもらって薬をいただく、
ニコニコしたおばあちゃんが出てきて(子どもになった自分を)抱っこしてくれる、
中国の水墨画に出てくるような仙人風のおじいさんが赤い実をくれる、
女神のような存在が弾いてくれる、竪琴の音に癒されるなどなど。

わたしの場合は左手にできた湿疹が治らなくて、コースの受講生さんに誘導してもらいました。
この時はわたしの方から「フルフォード博士に会いたい!」とリクエストしました。
彼はオステオパシー医で、わたしの尊敬する1人です。
(「いのちの輝き」著者、アンドリュー・ワイス博士が尊敬する人でもあります)

森の中の診療所をたずね、診察室に入ると、そこは博士のエネルギーで満たされていました。 やわらかく包み込まれるような、でもしっかりとしたかれの信念が感じられるような空間でした。
わたしは椅子に座って手を出しました。
先生はわたしの手を取って、じっと見て一言
「やりたいことをやればいい」と、微笑んでくれました。
感激のセッションでした。
その後、言われたことに努めていたら、特に何もしないでも湿疹が薄れていき、治ったから不思議です。

症状が何に原因し、どんな治療法を施すべきか?
エドガー・ケイシー並みの情報は無理かもしれませんが、体についての情報を引き出すことができます。

人間ドックでひっかかって落ち込んでいた友人に、
「セカンドオピニオンみたいなつもりで、インナードクターに会ってみたら?」とセッションしたら、おじいちゃん風のインナードクターが出てきてくれて、「もっとひなたぼっこをするように」と、アドバイスを受けました。
その後、息子さんが農業に転職し、家族で田舎に越すことになりました。
いつも畑のことを嬉しそうにメールしてくれ、体のことは話題にもでません。
暗い顔で落ち込んでいたのに、本来の元気な彼女に、いや前より楽しそうです。

催眠療法は代替療法の1つでもあります。
代替ってネーミングは、「代替品」というイメージになり、あまり的確な言葉とは思えませんが。
ホリスティック医学といういい方もされますね。

わたしは、より自然に全体性を取り戻させてくれ、なおかつ気持ちの良いものが好きです。
なので、ハーブ(西洋のも日本のも)やフラワーレメディー、クラニオセイクラルやヒプノや夢に惹かれて使っています。

代替療法をを学ぶ方の中には、西洋医学的なものを否定・排除する頑なな方もたまにいらっしゃいますが、その時々に一番助けになる方法を使えばいいと思います。

こんなお話しがあります。
確かドリーン・バーチューさんの本だったと思いますが・・・

ある人が病気になって、一生懸命天使(神さま)に助けてくれるよう祈り続けていました。
でも、助けがこない。(と思っていた。)
チャネリングを受けてそのことについて聞くと、天使がこう言ったそうです。
「せっかく(手術がとても)素晴らしい先生の情報を送ったのに・・・」
その人は、その情報を西洋医学だからと、受け流してしまったようです。


長くなってしまいましたが、健康な方でも、現在体に悩みをお持ちの方でも、
初めての方から催眠オタクの方まで、みなさんのご参加をお待ちしています。

それと、この本は代替医療やインナードクターに興味のある方に、とってもお勧めです
代替医療を受けたい人はもちろん、代替医療に従事したい方は必読です。

  
  著者、グラディス・マクギャレイ博士は
  アメリカでは「代替医療の母」と言われ
  てます。

  サブタイトルは、「自然治癒力を発動さ
  せる、奇跡の処方箋」
  太陽出版から出ています。

  読み返そうと思っています

ご縁があってお会いできることを楽しみにしています。

今日もいい1日を!  
 
JUGEMテーマ:お知らせ
| お知らせ | 17:00 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH